Warning: ltrim() expects parameter 1 to be string, object given in /home/xs686488/nagoweb.co.jp/public_html/point/wp-includes/formatting.php on line 4357

ポイントタウンで非承認・承認されない理由と対処方法

ポイントタウンで非承認・承認されない理由と対処方法

広告を利用してからだいぶ時間がたつのに、まだポイントがつかないんだけど...どうしたらいい?

カクカク

マルマル

ポイントがつかない時は、ポイントが非承認になる原因がなかったか、もう一度確認してみるといいよ。ポイントがつかない時の対処法も紹介するね!
  • 「ポイントタウンの非承認について詳しく知りたい」
  • 「ポイントタウンで非承認になったときの対応方法を教えてほしい」
このようなポイントタウンの非承認について知りたい人向けに、非承認になる・承認されない理由について、紹介していきます。

ポイントタウンで承認されないときの対処方法についても解説するので、参考にしてください。

ポイントタウンの登録はコチラ

ポイントタウン(ポイントサイト)で非承認になる・承認されない理由

ポイントタウン(ポイントサイト)で非承認になる・承認されない理由

まずは、ポイントタウンで非承認になる・承認されない理由をご紹介します。主な原因は、以下の6つです。

  • ポイント付与・承認までの予定期間を過ぎていない
  • ポイント獲得に必要な条件をクリアしていない
  • ポイント獲得対象外の条件にあてはまる
  • ポイントタウン経由での利用・登録が確認できない
  • 広告をクリックするとブロックされる設定になっている
  • 通信環境が悪く途中で切れてしまった

ポイント付与・承認までの予定期間を過ぎていない

1つ目は、「ポイント付与・承認までの予定期間を過ぎていない」です。ポイントタウンに掲載されている広告には、それぞれ「ポイント獲得までの期間」が設定されています。

この期間をまだ過ぎていない場合は、承認されていなくても不思議ではありません。長いものだと、ポイント獲得までに半年ほどかかることもあるので、事前によく確認しておきましょう。

ポイント獲得に必要な条件をクリアしていない

2つ目は、「ポイント獲得に必要な条件をクリアしていない」です。これも各広告に設定されている項目で、所定の条件をクリアしていなければ承認されません。

クレジットカードの案件であれば、キャッシング枠付きのカード発行が必要なものや一定額カード利用が必要なものなどがあります。ポイント獲得条件を満たしているか、再度確認してみましょう。

ポイント獲得対象外の条件にあてはまる

3つ目は、「ポイント獲得対象外の条件にあてはまる」です。各広告には、ポイント獲得条件のほかに対象外となる条件が定められていることがあります。これにあてはまる場合は、ポイントがもらえなくなるので注意が必要です。

例えば、旅行予約サイトの案件では、予約日から利用日までが2カ月以上の場合はポイント獲得対象外といったケースもあります。利用した広告が承認されないときは、この点も確認してみましょう。

ポイントタウン経由での利用・登録が確認できない

4つ目は、「ポイントタウン経由での利用・登録が確認できない」です。せっかく広告を利用しても、そのショップやサービスの運営側でポイントタウン経由であることが確認できなければ、ポイントタウンのポイントはもらえません。

考えられる原因は、ブラウザのCookieがオフになっている、利用している機器がiOSなら「サイト越えトラッキングを防ぐ」機能がオンになっているなどです。また、広告利用の途中で他のページに移動した場合も、Cookieがうまく残らないことがあります。

広告をクリックするとブロックされる設定になっている

5つ目は、「広告をクリックするとブロックされる設定になっている」です。通常は、ポイントタウンの広告から広告内容のページへ自動的に変わります。

ただ、広告がブロックされる設定になっているとページがうまく開かないため、これもポイントタウン経由であることが確認できない一因です。

通信環境が悪く途中で切れてしまった

6つ目は、「通信環境が悪く途中で切れてしまった」です。広告を利用している途中でインターネットが切れてしまうと、Cookieがうまく記録されないことがあります。

そうなると、広告主側でポイントタウン経由であることが確認できないため、承認されません。

ポイントタウンで承認されないときの対処方法

ポイントタウンで承認されないときの対処方法

つづいて、ポイントタウンで承認されないときの対処方法について解説します。保証制度や問い合わせでポイントが付与されることもあるので、あきらめずにチャレンジしましょう。

Cookie(クッキー)を削除する

ポイントタウンで承認されない場合は、Cookieを削除してみましょう。過去に利用した他のウェブサイトのCookieが残っている場合、ポイントタウンのCookieが有効にならないことがあります。

広告を利用する前にまっさらな状態にしておくことで、非承認になる原因を減らせるでしょう。

サイトを利用するときの環境を見直す

サイトを利用するときの環境を見直すのも、重要なポイントです。Cookieが有効になっているか、通信環境は安定しているかなど、承認されない原因となるものを中心に確認しましょう。

memo
特に急いでいなければ、移動中など自宅外での広告利用はやめておくことをおすすめします。

ショッピングの対象案件なら「お買い物保証制度」を活用する

もし、ショッピングで広告を利用して「お買い物保証制度」の対象になっていれば、この制度を利用しましょう。

獲得予定ポイント一覧にある「保証制度」ボタンから、必要事項を入力して問い合わせることで、ポイントが付与されます。

注意点
通常のお問い合わせフォームから連絡した場合は、保証対象とならないので注意しましょう。

お問い合わせフォームから問い合わせる

保証制度が適用されない広告であれば、お問い合わせフォームからポイントタウンへ連絡しましょう。

ちゃんとポイントタウンの広告を経由して、ショップやサービスを利用したのであれば、問い合わせることで承認されることもあります。

memo
承認されればラッキーぐらいの気持ちで、結果を待ちましょう。問い合わせなければ、判定が変わることはありません。

高額案件でも直接問い合わせるのはNG

承認されないときにやってはいけない行動が、広告主に直接問い合わせることです。これをやってしまうと、ポイント獲得対象外がほぼ確定してしまいます。

memo
たとえ高額案件が非承認になったとしても、気持ちを落ち着かせて問い合わせフォームから連絡しましょう。

まとめ

ポイントがつかない原因はいろいろあるんだね。もう一度ポイントの条件を確認してみるよ。

カクカク

マルマル

そうだね。もし原因がわからなかったら、あきらめずに問い合わせしてみてね!

いかがでしたか?この記事では、以下のことについてご紹介しました。

本記事の要点
  • ポイントタウン(ポイントサイト)で非承認になる・承認されない理由
  • ポイントタウンで承認されないときの対処方法

このように、ポイントタウンで非承認になる原因は、利用条件や利用環境など複数あります。ただ、利用環境が原因でポイントタウン経由が確認できないケースについては、問い合わせで救済されることもあるので、あきらめないことが大切です。

なお、多くの広告でポイント獲得対象外の条件となっている、「広告主への直接問い合わせ」は絶対にやめましょう。

ポイントタウンの登録はコチラ


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/xs686488/nagoweb.co.jp/public_html/point/wp-content/themes/sango-theme-child/parts/single/entry-content-column.php on line 17

関連記事